4月28日(土) 2018年度春季リーグ戦第4節1回戦

大阪市立大学

【打者成績】

 

 

 

 



 

 

 
1 福永 2 彦根東 4 1 0
2 二三 水上 2 宝塚北 4 1 0
3 有福 2 益田 3 1 0
4 寺田 4 岸和田 3 1 0
5 一捕 篠原 3 彦根東 3 1 0
6 橋中 3 桐蔭 3 0 0
7 齋藤 3 兵庫 3 0 0
8 板野 4 春日丘 1 0 0
打一 武石 3 鹿児島 1 0 1
9 梅本 2 桐蔭 1 0 0
打二 北村 2 岸和田 2 1 0
伊澤 2 桐蔭 - - -
合計
2 0 1 1 3 28 6 3

【投手成績】

 

 

 



 







 


伊澤 9 138 39 29 5 3 7 2 2
合計 9 138 39 29 5 3 7 2 2

【試合結果】
1 2 3 4 5 6 7 8 9
和歌大 0 1 0 0 0 1 0 0 0 2
大市大 2 0 0 0 1 0 0 0 × 3

【戦評】

打線は初回、2番水上がライト前に運ぶ安打を放つと、続く3番有福が相手一塁手の失策を誘い出塁、さらに積極的な走塁で1死2,3塁のチャンスを作ります。ここで4番寺田の放った打球は相手中堅手を越える二塁打となり走者2人が生還、幸先よく2点を先制します。

先発の伊澤は初回の相手打線を三者凡退に抑え、立ち上がりの良さをみせますが、2回、犠飛で1点を失います。しかし伊澤はその後、5回まで走者を出しながらも粘りの投球で得点を許しません。

援護したい打線は5回裏、先頭の橋中が相手三塁手の失策で出塁すると、すかさず初球で盗塁を決め、その後1死3塁とします。ここで代打武石がレフトへ放った打球は犠飛となり、1点を追加します。

6回表、伊澤は先頭打者に右中間を破る三塁打を放たれピンチを背負います。後の打者にライト前に落ちる安打を許し1点を失い3-2となりますが、後続を抑え1点のリードを守ります。

打線はその裏、安打や相手の失策によりチャンスを作りますが得点に繋げることができません。7,8回も相手投手を前に無得点に抑えられます。

しかし好投をみせる伊澤がリードを守りきり、前回の登板に引き続き9回を完投し試合終了、3-2で勝利いたしました。

和歌山大学

【打者成績】

 

 

 

 



 

 

 
1 田頭 4 市岡 2 0 0
2 2 高知 5 0 0
3 吉野 3 近大付 4 0 0
4 大畑 4 智辯和歌山 3 3 0
5 宮井 3 向陽 3 0 0
6 土田 2 山梨学院 3 1 2
7 西林 4 和歌山商業 2 0 0
打指 馬場 3 郡山 1 0 0
8 尾関 4 高田商業 2 0 0
吉原 4 大体大浪商 0 0 0
菱谷 2 南部龍神 0 0 0
小倉 4 大塚 1 0 0
9 田淵 3 鳥羽 2 1 0
野山 4 鳥取西 - - -
合計
3 7 4 0 1 28 5 2

【投手成績】

 

 

 



 







 


野山 9 92 29 28 6 2 0 3 1
合計 9 92 29 28 6 2 0 3 1