4月14日(土) 2018年度春季リーグ戦第2節1回戦

大阪市立大学

【打者成績】

 

 

 

 



 

 

 
1 福永 2 彦根東 3 0 0
2 水上 2 宝塚北 4 0 0
3 有福 2 益田 3 0 0
4 寺田 4 岸和田 4 1 0
5 一捕 篠原 3 彦根東 4 1 0
6 橋中 3 桐蔭 4 0 0
7 齋藤 3 兵庫 3 2 1
8 板野 4 春日丘 2 0 0
打一 武石 4 鹿児島 2 0 0
9 梅本 2 桐蔭 2 0 0
古寺 3 市岡 - - -
塘本 2 八尾 - - -
合計
6 3 1 0 0 31 4 1

【投手成績】

 

 

 



 







 


古寺 7 87 18 14 5 0 3 2 2
塘本 2 41 8 6 0 6 2 0 0
合計 9 128 26 20 5 6 5 2 2

【試合結果】
1 2 3 4 5 6 7 8 9
大工大 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2
大市大 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1

【戦評】

先発の古寺は、3回まで四球を出しながらも相手打線を無失点に抑えます。 4回、先頭打者にレフトへの安打を放たれると、続いて犠打、安打を許し1死1,3塁となります。ここの窮地を切り抜けたい古寺でしたが、続く打者に左中間を破る二塁打を放たれ走者が生還、2点を先制されます。

打線は相手投手を前に4回まで各回を三者凡退に抑え込まれます。 5回、先頭の寺田がチーム初安打となる内野安打を放つと、2死2塁となったところで7番齋藤がセンター方向へ安打を放ち、1点を入れます。

古寺は続く5回から7回をそれぞれ打者3人で抑え、味方の援護を待ちます。 しかし打線は6,7回にも好機を作りますが、5回の得点を最後に無得点に抑えられます。

古寺の後を継いだのは塘本。8,9回のアウトをすべて三振で奪う好投をみせます。

投手陣の好投に応えたい打線は9回、2死から7番齋藤が右中間を破る三塁打を放ち、一発逆転の好機を作りましたが後続が倒れ試合終了。1-2で敗戦いたしました。

大阪工業大学

【打者成績】

 

 

 

 



 

 

 
1 豊田 2 日本航空山梨 3 0 0
2 小谷 4 大阪商業堺 4 0 0
3 田中浩 3 近大付属 2 1 0
4 山本 2 比叡山 3 0 0
5 村田 4 智弁和歌山 4 2 0
6 松下 2 神戸国際 3 0 0
7 松井 2 桜宮 3 1 0
8 水野 3 大阪学芸 4 1 2
9 末廣 3 近大付属 3 0 0
信田 4 天理 - - -
合計
6 5 1 1 0 29 5 2

【投手成績】

 

 

 



 







 


信田 9 111 35 31 4 6 3 1 1
合計 9 111 35 31 4 6 3 1 1