4月1日(日) 2018年度春季リーグ戦第1節1回戦

大阪市立大学

【打者成績】

 

 

 

 



 

 

 
1 福永 2 彦根東 4 2 0
2 二三 水上 2 宝塚北 4 2 1
3 武石 4 鹿児島 3 1 0
走指 村岡 3 市立西宮 - - -
田中 3 清教学園 - - -
4 寺田 4 岸和田 4 1 1
5 篠原 3 彦根東 3 0 0
走指 大石 2 東筑 - - -
椎名 4 奈良 - - -
6 橋中 3 桐蔭 3 1 0
7 飯田 4 向陽 2 0 0
打右 齋藤 3 兵庫 2 0 0
8 板野 4 春日丘 3 0 0
有福 2 益田 0 0 0
八重尾 2 都城泉ヶ丘 - - -
9 梅本 2 桐蔭 2 0 0
打二 北村 2 岸和田 2 0 0
古寺 3 市岡 - - -
楠見 3 日高 - - -
塘本 2 八尾 - - -
合計
4 4 0 1 3 31 7 2

【投手成績】

 

 

 



 







 


古寺 5 74 24 18 6 2 4 3 1
楠見 2 25 9 8 4 0 1 1 1
塘本 2 34 8 6 1 3 1 0 0
合計 9 133 41 32 11 5 6 4 2

【試合結果】
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
大観大 0 0 0 3 0 1 0 0 0 3 7
大市大 2 0 1 0 0 1 0 0 1 0 4

【戦評】

打線は初回、1番福永がショートへの内野安打で出塁します。この後死球により1死1,2塁となると、4番寺田がすかさず初球をライト前へ運び、2塁走者が生還、1点を先制します。続いて2死1,3塁の場面で1塁走者盗塁の間に3塁走者が本塁に帰り、1点を追加、2-0とします。 さらに3回、先頭の福永がライト線へ二塁打を放つと、続く2番水上がまたも初球をライト前へ運び、さらに1点を追加します。

先発投手は古寺。初回に先頭打者にライトを越える二塁打を放たれます。犠打と四球により1死1,3塁のピンチを背負いますが、ここをダブルプレーで凌ぎます。

2,3回も相手打線を三者凡退に抑え、序盤に好投を魅せます。

しかし4回、計2個の四死球と4本の単打を許し、また味方の悪送球も絡み、2死から3点を失い同点に追いつかれます。

6回に登板した楠見は相手打線に3連打を浴び1点を失い、逆転を許します。

さらなる追加点を狙う打線はしかし、3回の得点を最後に8回まで相手投手に無失点に抑えられます。

3-4のまま迎えた9回、2死1,2塁の場面で7番齋藤が放った打球を相手三塁手が悪送球、この間に1点を追加し4-4とします。

同点のまま、無死1,2塁でタイブレークに突入します。

8回から登板した塘本が続き10回も登板しますが、自身の悪送球なども絡み3点を追加されます。

味方打線はその裏、無死満塁の好機を作るも後続が倒れ試合終了、4-7で敗戦いたしました。

大阪観光大学

【打者成績】

 

 

 

 



 

 

 
1 高木郁 2 東大阪大柏原 4 2 1
前田 那賀 - - -
2 荒深 3 熊野 2 1 0
3 福島 3 北陸 3 1 0
4 上地 3 立正大湘南 5 0 0
5 宮野 4 明徳義塾 4 1 0
宮元 岡山県美作 - - -
6 安永 4 松山商行 4 1 1
山下 筑紫台 - - -
7 松田 43 関西中央 3 0 0
8 澤田 2 立正大学湘南 4 3 1
9 浅野 4 日星 3 2 0
小林 4 北陸 - - -
合計
5 6 3 3 1 32 11 3

【投手成績】

 

 

 



 







 


小林 9 121 36 31 7 4 4 4 3
合計 9 121 36 31 7 4 4 4 3