4月3日(火) 2018年度春季リーグ戦第1節3回戦

大阪市立大学

【打者成績】

 

 

 

 



 

 

 
1 福永 2 彦根東 5 4 1
2 二三 水上 2 宝塚北 3 1 0
3 有福 2 益田 5 2 1
4 寺田 4 岸和田 4 2 0
5 一捕 篠原 3 彦根東 4 1 0
6 橋中 3 桐蔭 4 0 0
7 齋藤 3 兵庫 4 1 0
8 板野 4 春日丘 1 1 0
打一 武石 4 鹿児島 2 0 0
9 北村 2 岸和田 2 0 0
打三 西田 3 姫路西 2 0 0
村岡 3 市立西宮 - - -
古寺 3 市岡 - - -
塘本 2 八尾 - - -
合計
11 4 1 1 3 36 12 2

【投手成績】

 

 

 



 







 


古寺 6 80 23 23 4 2 0 2 1
塘本 3 40 10 9 1 3 1 0 0
合計 9 120 33 32 5 5 1 2 1

【試合結果】
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
大観大 0 2 0 0 0 0 0 0 0 4 6
大市大 1 1 0 0 0 0 0 0 0 3 5

【戦評】

市大は初回、1死から2番・水上がライト線へのツーベースを放ち出塁すると、続く3番・有福がライト前にタイムリーを放ち幸先よく先制します。 しかし、2回表、先発の古寺が3本の安打と味方のエラーもあり、2点を奪われ逆転されてしまいます。

その裏、市大は1死から8番・板野がライトオーバーのスリーベースを放ちチャンスを作ると、2死後1番・福永のセンター前へのタイムリーですぐに追いつきます。

先発の古寺は2回以降、立ち直りを見せ6回を2失点と粘りのピッチングを見せます。 7回からは塘本がしっかり抑え、味方の反撃を待ちます。

市大打線は7回以降は毎回得点圏にランナーを進めるも、なかなか1本が出ず9回を終えて2ー2の同点、今季2度目となる無死1、2塁からのタイブレークに突入します。

守備から流れをつかみたい市大でしたが、1死後、フォアボールで満塁となると続くバッターに2点タイムリーを浴びてしまいます。 さらにフォアボールで満塁となり続くバッターを三振に取ったボールを捕手が逸らし、さらに2点を追加されます。 ファールをアピールした市大でしたが、審判の協議の結果、判定は覆らずこの回4点を失うことになります。 その裏市大は先頭の橋中がレフト前にヒットを放ち満塁とすると1死後、内野ゴロの間に1点を返します。 2死2、3塁となり、途中出場の9番・西田がライト前に2点タイムリーを放ち、1点差に詰め寄りますが反撃はここまで。6ー5で敗戦致しました。

大阪観光大学

【打者成績】

 

 

 

 



 

 

 
1 浅野 4 日星 3 0 0
2 上地 3 立正大湘南 4 1 0
3 福島 3 北陸 4 0 0
4 安永 4 松山商業 4 0 0
山下 2 筑紫大 - - -
5 高木郁 2 東大阪大柏原 4 1 0
前田 4 那賀 - - -
6 宮野 4 明徳義塾 4 0 0
走指 西元 4 岡山県美作 - - -
7 松田 3 関西中央 3 1 1
8 荒深 3 熊野 3 0 0
高木悠 4 金沢学院東 - - -
走遊 芝口 4 近畿大学泉州 - - -
9 澤田 2 立正大学湘南 3 2 1
9 浅野 4 日星 3 2 0
小林 4 北陸 - - -
棟羽 3 初芝橋本 - - -
合計
5 1 0 0 3 32 5 2

【投手成績】

 

 

 



 







 


小林 7 85 30 28 9 8 2 2 2
棟羽 2 40 11 8 3 3 2 0 0
合計 9 125 41 36 12 11 4 2 2