10月27日(日) 第50回明治神宮野球大会 関西地区第1・2代表決定戦

大阪商業大学

【打者成績】

 

 

 

 



 

 

 
1 湯口 3 大垣日大 3 1 0
福田翔 4 大商大堺 - - -
2 戸田 3 大商大 3 2 1
3 植田 4 汎愛 3 1 1
4 小野寺 4 京都翔英 4 1 3
5 笹治 4 近江 1 0 0
犬飼 1 尽誠学園 1 1 1
万金 3 鳥取城北 1 1 0
6 4 広陵 3 0 0
7 岡澤 3 智辯学園 2 0 0
碓井 1 天理 2 0 0
8 川中 3 大阪桐蔭 3 2 0
9 花村 2 神戸国際大学附属 0 0 0
植本 1 明石商業 0 0 0
吉川 3 島根開星 - - -
橋本 4 大垣日大 - - -
合計
6 4 3 2 3 24 5 5

【投手成績】

 

 

 



 







 


花村 7 88 27 26 5 3 1 2 2
吉川 0 5 2 2 2 0 0 1 1
橋本 2 19 5 5 0 2 0 0 0
合計 9 112 34 33 7 5 1 3 3

【試合結果】
1 2 3 4 5 6 7 8 9
大市大 0 0 0 0 0 2 0 1 0 3
大商大 0 0 4 0 1 0 0 0 0 5


【戦評】

初戦を落とし後がない市大、敗者復活1回戦の相手はプロ入り選手3人を擁する関西六大学野球連盟代表の大阪商業大学でした。

試合は市大・玉井、大商大・花村の両左腕の投げ合いで始まりました。

玉井は2回には三者三振を奪うなど完璧な立ち上がりを見せます。

市大打線も花村から良いあたりは放つもののなかなか得点には至りません。

試合が動いたのは3回、先頭打者に死球を与えると、次打者の送りバントを捕手・篠原が悪送球、2、3塁とピンチを広げてしまいます。

1死後、四球で満塁となると相手3番の中犠飛により1点を先制されます。

最小失点で乗りきりたいところでしたが、続く4番にレフトスタンドへ痛恨の1発を浴び4ー0と大きくリードを広げられます。

4回からは2番手・塘本が登板、4回は3人で抑えますが、5回には四球で出たランナーをバッテリーミスと犠打で3塁まで進められ、タイムリーでさらに1点を追加されます。

直後の6回表、市大打線の反撃が始まります。

先頭の1番福永が内野安打で出塁すると、内野フライと内野ゴロで2死2塁となり、4番大橋がセンター前へのタイムリーを放ち、ついに1点を返します。

さらに続く5番篠原にもタイムリーがうまれ、この回2点を返します。

8回には替わった相手の2番手から福永が今日2本目となる内野安打で出塁すると、代打・齊藤幹が初球を左中間へはじき返し、5ー3と2点差まで詰め寄ります。

7、8回裏は3番手・有正が0点で抑え、最終回を迎えます。

逆転したいところでしたが、最後は相手の左エース・橋本の前に3人で攻撃終了、5ー3で敗戦いたしました。

大阪市立大学

【打者成績】

 

 

 

 



 

 

 
1 右中 福永 3 彦根東 4 2 0
2 太田 2 彦根東 2 0 0
打右 齊藤幹 2 市立西宮 1 1 1
3 有福 3 益田 4 0 0
4 大橋 2 奈良 4 1 1
5 篠原 4 彦根東 4 1 0
6 水上 3 宝塚北 4 2 0
7 橋中 4 桐蔭 2 0 0
齋藤伶 4 兵庫 1 0 0
赤木 2 長田 1 0 0
8 北村 3 岸和田 3 0 0
9 玉井 4 佐久長聖 1 0 0
塘本 3 八尾 1 0 0
田中 4 清教学園 1 0 0
有正 1 池田 - - -
合計
5 1 0 1 2 33 7 2

【投手成績】

 

 

 



 







 


玉井 3 54 14 9 2 3 3 4 4
塘本 3 46 11 9 2 2 1 1 1
有正 2 28 7 6 1 1 1 0 0
合計 8 128 32 24 5 6 5 5 5