9月6日(金) 2019年度秋季リーグ戦第2節1回戦

神戸大学

【打者成績】

 

 

 

 



 

 

 
1 高内 4 彦根東 3 0 0
2 浅妻 4 膳所 4 0 0
松尾 4 豊中 - - -
3 右三 岩岡 2 膳所 4 0 0
4 大久保 4 加古川東 4 0 0
5 中山 3 四條畷 3 1 0
福井 2 長田 - - -
6 大田 4 県立伊丹 3 0 0
無量小路 4 武生 1 1 0
中澤 4 彦根東 - - -
7 末國 4 広島国泰寺 4 1 0
8 大室 2 基町 3 0 0
9 宮本 4 金光大阪 3 1 1
森脇 4 修道 - - -
大村 3 茨木 - - -
大倉 3 郡山 - - -
合計
8 2 0 0 2 32 4 1

【投手成績】

 

 

 



 







 


森脇 4 68 17 14 3 1 3 2 1
大村 3 42 12 11 2 4 1 0 0
大倉 1 16 5 5 2 2 0 1 1
合計 8 126 34 30 7 7 4 3 2

【試合結果】
1 2 3 4 5 6 7 8 9
神戸大 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1
大市大 2 0 0 0 0 0 0 1 × 3


【戦評】

打線は1回裏、太田が四球で出塁し、盗塁を決めチャンスを広げると、4番大橋が放った打球はセンター前へ。幸先よく先制します。

さらに大橋は送球間に2塁まで進むと、相手の失策も重なり3塁まで進塁します。この好走塁もあり、相手投手の暴投により大橋は生還し、この回2点を獲得します。

先発投手の伊澤は初回から制球に苦しみます、2回には先頭打者に四球を与えると、相手打者に粘られた結果2本の安打を許し、1点を失います。

伊澤は2回でマウンドを降り、後を玉井に託します。

玉井は相手に隙を与えない投球で凡退の山を築きます。玉井は9回途中まで投げ、相手に安打を許さない完璧な投球をみせます。

玉井の好投に応えたい打線ですが、初回の得点を最後になかなか追加点を挙げることができません。安打を放つも後続が倒れてしまいます。

相手三番手の投手がマウンドに立った8回裏、均衡を破ったのは4番の一振りでした。大橋の左中間フェンス直撃の三塁打で、1死3塁のチャンスを作ると、ここで主将の5番篠原がレフト前へ安打を放ち、ようやく1点を追加します。

玉井の負傷により9回2死からリーグ戦初登板となる有正がマウンドに上がります。有正は安打を許すも後続を抑えて試合終了。

3ー1で勝利いたしました。

大阪市立大学

【打者成績】

 

 

 

 



 

 

 
1 福永 3 彦根東 4 1 0
2 太田 2 彦根東 3 1 0
3 有福 3 益田 3 0 0
4 大橋 2 奈良 3 2 1
5 篠原 4 彦根東 3 1 1
6 齊藤幹 2 市立西宮 4 0 0
7 北村 3 岸和田 4 1 0
8 水上 3 宝塚北 3 0 0
9 梅本 3 桐蔭 3 1 0
伊澤 3 桐蔭 - - -
玉井 4 佐久長聖 - - -
有正 1 池田 - - -
合計
7 4 0 0 2 30 7 2

【投手成績】

 

 

 



 







 


伊澤 2 56 10 8 2 2 2 1 1
玉井 6 2/3 78 21 21 0 6 0 0 0
有正 1/3 8 3 3 2 0 0 0 0
合計 9 142 34 32 4 8 2 1 1