9月27日(金) 2019年度秋季リーグ戦第5節2回戦

大阪市立大学

【打者成績】

 

 

 

 



 

 

 
1 福永 3 彦根東 5 0 0
2 太田 2 彦根東 5 0 0
3 有福 3 益田 3 1 0
4 大橋 2 奈良 5 1 0
5 篠原 4 彦根東 3 1 1
6 水上 3 宝塚北 3 1 0
7 北村 3 岸和田 4 1 0
8 齋藤伶 4 兵庫 2 0 0
9 橋中 4 桐蔭 1 0 0
齊藤幹 2 市立西宮 1 0 0
赤木 2 長田 1 0 0
古寺 4 市岡 - - -
合計
7 7 0 1 3 33 5 1

【投手成績】

 

 

 



 







 


古寺 8 97 32 28 5 6 3 2 2
合計 8 97 32 28 5 6 3 2 2

【試合結果】
1 2 3 4 5 6 7 8 9
大市大 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1
阪南大 1 0 0 1 0 0 0 0 × 2


【戦評】

勝てば優勝が決まる大一番。

平日ながら多くの応援を背に、試合は始まりました。

先発の古寺は初回、先頭打者を四球で出塁させると、犠打、適時二塁打により先制を許します。

後続は打ち取り、追加点は与えません。

先制された直後の攻撃、5番篠原がレフトポール際への本塁打を放ち、すぐさま同点に追いつきます。

さらに、6番水上の四球、盗塁、7番北村の中前安打、2試合で5個目となる盗塁、8番齋藤伶の四球で無死満塁と、勝ち越しの大チャンスを作ります。

打席に9番橋中を迎えますが、併殺に打ち取られ、二死二三塁。

1番福永も中飛で、このチャンスを生かすことができません。

古寺は2回、3回と相手打線を三者凡退に抑える好投を見せますが、4回裏、またも四球で出塁を許した走者を適時打で返され、1−2と勝ち越されます。

追いつき追い越したい打線ですが、4回から登板した2番手投手の前に凡退の山を築き、得点に結びつけることができず1−2で敗戦いたしました。

阪南大学

【打者成績】

 

 

 

 



 

 

 
1 今江 4 大阪商業大学堺 3 1 0
2 田中貴 3 関西 3 1 0
3 植上 2 創造学園 3 1 1
4 杉浦 2 日高中津 3 1 0
3 益田東 0 0 0
5 3 大阪商業大学堺 4 1 1
6 東尾 3 大阪商業大学堺 3 0 0
7 能見 4 高知 3 0 0
8 山城 2 近江 3 0 0
9 島田 3 日星 2 0 0
西本 2 阪南大学 1 0 0
安田 3 広陵 0 0 0
加賀見 1 添上 - - -
多々納 3 出雲西 - - -
合計
6 3 1 0 0 28 5 2

【投手成績】

 

 

 



 







 


加賀見 3 64 15 12 3 1 3 1 1
多々納 6 94 25 21 2 6 4 0 0
合計 9 158 40 33 5 7 7 1 1