10月6日(日) 2019年度秋季リーグ戦第5節3回戦

阪南大学

【打者成績】

 

 

 

 



 

 

 
1 今江 4 大阪商業大学堺 5 3 0
2 田中貴 3 関西 3 1 0
3 植上 2 創造学園 5 1 1
4 杉浦 2 日高中津 4 2 0
5 大路 4 倉吉北 4 1 0
走遊 安田 3 広陵 0 0 0
6 3 大阪商業大学堺 4 3 1
7 東尾 3 大阪商業大学堺 4 1 0
8 山城 2 近江 4 0 0
9 遊三 能見 4 高知 4 1 0
阪上 3 阪南大学 - - -
多々納 3 出雲西 - - -
久保 4 春江工業 - - -
合計
4 2 0 0 2 37 13 2

【投手成績】

 

 

 



 







 


阪上 6 2/3 121 31 25 5 3 6 4 4
多々納 1/3 1 1 1 0 0 0 0 0
久保 1 5 3 3 0 0 0 0 0
合計 9 127 35 29 5 3 6 4 4

【試合結果】
1 2 3 4 5 6 7 8 9
阪南大 0 1 0 0 0 1 0 0 0 2
大市大 0 0 0 0 0 0 4 0 × 4


【戦評】

先発の古寺は、2回に本塁打を浴び先制を許します。

その後は、毎回の様に安打で走者を出すも、追加点は与えず5回1失点と粘りの投球を見せます。

一方の打線は、四死球で出塁はするものの後が続かず、点数を返すことができないま前半を終えます。

6回表、古寺は先頭打者に二塁打を浴びると、一死後、センターへの適時打でさらに1点を失い0−2とリードを広げられます。

その裏、2死から4番大橋がレフトへの二塁打を放ち、5番篠原も四球を選びますが、あとが続かず無得点。追いつくことはできません。

7回表、2死1,3塁とピンチを迎えたところで、有正がマウンドに上がります。

見事内野ゴロに打ち取り、ピンチを凌ぎます。

7回裏、有正の好投に応えるように、試合が大きく動きます。

2死から、9番齋藤伶が内野安打で出塁すると、1番福永のセンターへの安打、2番太田の内野安打により満塁の大チャンス。

3番有福が押し出し四球で1点を返します。なおも満塁で迎えるバッターは4番大橋。

初球を振り抜いた打球は、ライト方向へ。

走者一掃の適時打三塁打となり、4−2と逆転に成功!ベンチのボルテージは最高潮に達します!

有正は、8、9回もチームメイトの応援を受け見事無失点に抑え、4−2で勝利、T部リーグ優勝が決定いたしました。

大阪市立大学

【打者成績】

 

 

 

 



 

 

 
1 福永 3 彦根東 3 1 0
2 太田 2 彦根東 3 1 0
3 有福 3 益田 2 0 1
4 大橋 2 奈良 4 2 3
5 篠原 4 彦根東 2 0 0
6 水上 3 宝塚北 4 0 0
7 北村 3 岸和田 4 0 0
8 赤木 2 長田 2 0 0
田中 4 清教学園 1 0 0
橋中 4 桐蔭 1 0 0
9 齋藤伶 4 兵庫 3 1 0
古寺 4 市岡 - - -
有正 1 池田 - - -
合計
3 6 0 1 1 29 5 4

【投手成績】

 

 

 



 







 


古寺 6 2/3 120 28 27 11 3 1 2 2
有正 2 1/3 45 11 10 2 1 1 0 0
合計 9 165 39 37 13 4 2 2 2