4月6日(土) 2019年度春季リーグ戦第1節1回戦

大阪工業大学

【打者成績】

 

 

 

 



 

 

 
1 松下 3 神戸国際大附属 4 2 0
2 豊田 3 日本航空 4 2 1
3 山本 3 比叡山 3 1 1
4 樋口 4 初芝立命館 5 0 0
5 田中建 4 福知山成美 2 0 0
松井満 3 桜宮 1 0 0
6 井上鶴 3 岡山理科大附属 3 0 0
7 末廣 4 近大附属 4 1 0
8 水野 4 大阪学芸 3 0 1
9 田中浩 4 近大附属 2 0 0
深田 3 近江 - - -
齊藤 3 初芝立命館 - - -
赤井 1 高田商業 - - -
合計
6 7 2 0 3 31 5 3

【投手成績】

 

 

 



 







 


深田 6 87 25 24 4 4 1 0 0
齊藤 2 28 6 5 0 0 1 0 0
赤井 1 15 3 3 0 1 0 0 0
合計 9 130 34 32 4 5 2 0 0

【試合結果】
1 2 3 4 5 6 7 8 9
大工大 2 2 0 0 1 0 0 0 0 5
大市大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0


【戦評】

本日開幕した春季リーグ戦、市大の開幕投手を任されたのは伊澤でした。

その伊澤は立ち上がり、開幕戦の緊張からか球が上ずり、3連打を浴びて2点を先制されます。

さらに2回にも2死走者なしからエラーと四球2つで満塁とされピンチを作ると、次打者の打球は打ち取ったかのように見えましたが、

セカンドが後逸しさらに2点を失います。

反撃したい市大ですが、相手先発・深田の前に3回まで無安打に抑え込まれます。

4回には有福がチーム初安打となるレフト前ヒットを放ちますが、後続が倒れ得点には至りません。

直後の5回には2番手・山崎がスクイズで1点を失い、5ー0とリードを広げられてしまいます。

7回からは3番手・楠見が登板し3人でピシャリと抑え流れを引き寄せます。

その裏、1死から6番齋藤伶が内野安打で出塁すると、7番桑原もレフト前にヒットを放ちチャンスを作ります。

しかし、この好機も後が続かず無得点、厳しい展開が続きます。

9回には、久しぶりのリーグ戦復帰となった玉井が登板し、しっかり3人で抑えますが、その裏も3人で抑えられ試合終了、5ー0で敗戦しました。

大阪市立大学

【打者成績】

 

 

 

 



 

 

 
1 福永 3 彦根東 4 0 0
2 水上 3 宝塚北 4 0 0
3 有福 3 益田 3 1 0
4 橋中 4 桐蔭 4 0 0
5 篠原 4 彦根東 3 0 0
6 齋藤伶 4 兵庫 4 1 0
7 桑原 2 郡山 4 2 0
8 赤木 2 長田 1 0 0
打三 梅本 3 桐蔭 1 0 0
田中 4 清教学園 1 0 0
西田 4 姫路西 0 0 0
9 太田 2 彦根東 3 0 0
伊澤 3 桐蔭 - - -
山ア雄 2 神戸 - - -
楠見 4 日高 - - -
玉井 4 佐久長聖 - - -
合計
5 2 0 0 1 32 4 0

【投手成績】

 

 

 



 







 


伊澤 3 79 19 14 3 1 5 4 2
山崎雄 3 53 12 7 1 3 3 1 1
楠見 2 20 7 7 1 1 0 0 0
玉井 1 11 3 3 0 1 0 0 0
合計 9 163 41 31 5 6 8 5 3