4月12日(金) 2019年度春季リーグ戦第2節1回戦

奈良学園大学

【打者成績】

 

 

 

 



 

 

 
1 矢野 3 福知山成美 3 1 0
2 岸本 2 西脇工業 2 0 0
3 菅田 4 京都共栄学園 3 1 0
4 瀬口 4 神港学園 4 1 0
5 池尻 4 旭川実業 2 0 0
打左 大森蓮 3 大阪商業大学堺 2 0 0
6 川北 3 滝川第二 2 0 0
吉田 4 明徳義塾 0 0 0
菅野 2 鳥取城北 0 0 0
7 豊山 4 創造学園 2 0 0
打二 谷川 1 履正社 2 0 0
8 吉岡 3 近畿大学工業高等専門 3 0 0
9 天野 4 福井工業大学附属福井 1 0 0
打右 下方 3 北海 1 0 0
千原 3 履正社 1 0 0
藤原 3 駒澤大学附属苫小牧 0 0 0
合計
8 4 2 0 0 28 3 0

【投手成績】

 

 

 



 







 


菅田 8 112 31 29 4 6 2 1 1
合計 8 112 31 29 4 6 2 1 1

【試合結果】
1 2 3 4 5 6 7 8 9
奈学大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
大市大 0 0 0 0 1 0 0 0 × 1


【戦評】

第1節で勝ち点を失い、後のない市大は、ここから全勝すべく全力で試合に取り組みました。

打線は初回、2番水上が死球で出塁すると、臨時代走の福永が盗塁を決めます。続く3番有福がセンター前安打、さらに盗塁を決め、1死23塁のチャンスを作りますが、後続が倒れ得点には至りません。

先発の塘本は、3回まで走者を出さない好投を見せます。

あと一打が出ず、無得点に終わっていた打線は5回、8番赤木がセンター前安打で出塁し、内野ゴロの間に2塁まで進みます。2死2塁の場面で、1番福永が適時打を放ち、ようやく先制に成功します。

続く6回、二人の打者を簡単に打ち取りますが、四球、二連打により満塁に追い込まれてしまいます。しかし、後続の打者を内野ゴロで打ち取り、ピンチを切り抜けます。

9回にも、四球で走者を出しますが、野手の好守備もあり無失点に抑え試合終了。1−0で勝利致しました。

大阪市立大学

【打者成績】

 

 

 

 



 

 

 
1 福永 3 彦根東 4 1 1
2 水上 3 宝塚北 2 0 0
大橋 2 奈良 1 0 0
村岡 4 市立西宮 0 0 0
3 有福 3 益田 4 1 0
4 橋中 4 桐蔭 4 0 0
5 篠原 4 彦根東 3 0 0
6 齋藤伶 4 兵庫 3 0 0
7 桑原 2 郡山 3 0 0
8 赤木 2 長田 2 1 0
9 太田 2 彦根東 3 1 0
塘本 3 八尾 - - -
合計
6 2 0 0 3 29 4 1

【投手成績】

 

 

 



 







 


塘本 9 34 34 28 3 8 4 0 0
合計 9 34 34 28 3 8 4 0 0