4月15日(月) 2019年度春季リーグ戦第2節3回戦

奈良学園大学

【打者成績】

 

 

 

 



 

 

 
1 矢野 3 福知山成美 3 0 0
2 岸本 2 西脇工業 4 1 0
3 投右 菅田 4 京都共栄学園 3 1 0
4 大森蓮 3 大阪商業大学堺 2 0 0
打左 池尻 4 旭川実業 2 1 0
5 三二 谷川 1 履正社 3 2 0
6 瀬口 4 神港学園 3 0 1
7 大森百 2 福井工業大学附属福井 4 1 0
8 豊山 4 創造学園 2 0 0
山本 4 飛龍 1 0 0
川北 3 滝川第二 1 0 0
9 下方 3 北海 2 1 0
大畑 3 履正社 0 0 0
中島 2 佼成学園 0 0 0
中村 1 島根開星 0 0 0
田中 3 福井工業大学附属福井 0 0 0
吉田 4 明徳義塾 1 0 0
合計
9 5 2 2 0 30 7 1

【投手成績】

 

 

 



 







 


菅田 6 82 25 23 5 3 2 2 2
大畑 1 11 4 4 1 1 0 0 0
中村 2/3 10 4 3 2 0 1 2 2
田中 1/3 7 2 2 0 0 0 0 0
合計 8 110 35 32 8 4 3 4 4

【試合結果】
1 2 3 4 5 6 7 8 9
奈学大 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
大市大 1 0 0 0 0 0 1 2 × 4


【戦評】

1勝1敗で迎えた奈良学園大学との3戦目、優勝への望みをつなぐためには絶対に落とせないこの大事な試合のマウンドを任されたのは、4回生で投手リーダーの古寺でした。

古寺は初回を3人で完璧に抑えると、その裏、1死から2番水上がレフトへスリーベースヒットを放ち、チャンスを作ると続く3番有福がセンター前にタイムリーを放ち、幸先よく1点を先制します。

1点をもらった古寺は2回、3回とピンチを招くも粘りのピッチングで相手に得点を許さず5回無失点でマウンドを塘本に託します。

市大打線も初回以降は相手投手の菅田からチャンスは作るものの得点に至らず、試合は膠着状態に入ります。

次の1点が試合を大きく左右する展開でその大事な1点を叩き出したのは桑原の一打でした。

7回、先頭打者として打席に立つとカウント2−2から1球ファールを挟んだ6球目、完璧に捉えたあたりはレフトの遥か頭上を越えていくホームランとなり市大が貴重な2点目を手にします。

さらに続く8回、無死1塁からここまで今リーグノーヒットと苦しんでいた4番橋中に初ヒットとなるツーベースヒットが飛び出しチャンスを作ると1死後、

6番齋藤伶がライトオーバーの2点タイムリースリーベースを放ちダメ押しとなる2点を奪います。

2番手の塘本は9回に連打と四球からピンチを招き、犠飛で1点を失うも最後は三振で締めてゲームセット、4−1で勝利しようやく勝ち点1を手に入れました。

大阪市立大学

【打者成績】

 

 

 

 



 

 

 
1 福永 3 彦根東 4 0 0
2 水上 3 宝塚北 4 1 0
3 有福 3 益田 2 1 1
4 橋中 4 桐蔭 4 1 0
5 篠原 4 彦根東 4 0 0
6 齋藤伶 4 兵庫 3 1 2
7 桑原 2 郡山 4 1 1
8 赤木 2 長田 4 1 0
9 太田 2 彦根東 3 2 0
古寺 4 市岡 - - -
塘本 3 八尾 - - -
合計
4 3 0 0 2 32 8 4

【投手成績】

 

 

 



 







 


古寺 5 79 19 17 4 4 1 0 0
塘本 4 85 17 13 3 5 3 1 1
合計 9 164 36 30 7 9 4 1 1