4月21日(日) 2019年度春季リーグ戦第3節2回戦

大阪市立大学

【打者成績】

 

 

 

 



 

 

 
1 福永 3 彦根東 5 3 0
2 水上 3 宝塚北 3 0 0
3 有福 3 益田 4 2 1
4 橋中 4 桐蔭 5 2 1
5 篠原 4 彦根東 4 1 0
6 齋藤伶 4 兵庫 3 0 0
打指 北村 3 岸和田 1 0 0
7 桑原 2 郡山 3 0 0
田中 4 清教学園 0 0 0
村岡 4 市立西宮 - - -
赤木 2 長田 - - -
8 梅本 3 桐蔭 3 1 0
齊藤幹 2 市立西宮 - - -
大石 3 東筑 - - -
9 太田 2 彦根東 4 2 2
塘本 3 八尾 - - -
合計
1 5 0 3 2 35 11 4

【投手成績】

 

 

 



 







 


塘本 9 95 27 27 1 3 0 0 0
合計 9 95 27 27 1 3 0 0 0

【試合結果】
1 2 3 4 5 6 7 8 9
大市大 1 0 0 0 0 0 0 0 4 5
神戸大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0


【戦評】

市大らしい全力プレーとハツラツとした元気で相手を圧倒することを再確認し試合に臨みました。

初回はさっそく市大らしさを見せる攻撃となります。2番水上、続く有福が四球を選び1,2塁のチャンスを作ります。ここで4番橋中がレフト前に強い打球を運びその間に水上が好走塁をみせ本塁まで生還、幸先よく1点を先制します。

先発投手の塘本は初回から相手打線に隙を与えず、味方の好守備にも支えられ5回までランナーを一人も許さない完璧な投球をみせます。

打線はしかし2回以降、得点圏にランナーを置くチャンスを作りながらもあと一本が出ず、追加点は叶いません。

6回、塘本は先頭打者にこの試合初めての安打を許すと、盗塁を決められ無死2塁となります。しかし後続をきっちり併殺で抑え相手に得点を許しません。

初回以降得点が挙げられないまま迎えた9回表、1死から代打田中、梅本が四球を選びチャンスを作ると、続く9番太田が相手左翼手を超える二塁打を放ち、均衡を破る貴重な2点を追加します。

さらに続く1番福永が三塁手強襲の内野安打を放つと、全力疾走が相手の失策を誘い、その間に太田が還り1点を加えます。

最後に有福がだめ押しとなる安打を放ちこの回4点を追加します。

塘本は6回に許したヒットを最後にランナーを許さず、9回も三者凡退に抑え試合終了。

5-0で勝利いたしました。

神戸大学

【打者成績】

 

 

 

 



 

 

 
1 井上 3 畝傍 3 0 0
2 浅妻 4 膳所 3 0 0
3 大田 4 県立伊丹 3 0 0
4 大久保 4 加古川東 3 0 0
市川 2 奈良 - - -
5 高内 4 彦根東 3 0 0
6 中澤 4 彦根東 3 0 0
7 無量小路 4 武生 2 1 0
走指 福井 2 長田 - - -
宮本 4 金光大阪 1 0 0
8 石井 3 桐蔭 3 0 0
9 松島 4 彦根東 2 0 0
中山 3 四條畷 1 0 0
平出 2 天王寺 - - -
三添 2 洛北 - - -
合計
3 0 0 1 1 27 1 0

【投手成績】

 

 

 



 







 


平出 8 1/3 111 36 32 9 1 4 3 4
三添 2/3 8 4 3 2 0 1 2 1
合計 9 119 40 35 11 1 5 5 5