4月23日(金) 2021年度春季リーグ戦第4節2回戦

和歌山大学

【打者成績】

 

 

 

 



 

 

 
1 白石 4 佐久長聖 5 1 0
2 坂本 2 富岡西 3 0 0
3 安田 4 駒澤大学附属苫小牧 4 1 0
4 橋本 4 岡山城東 3 0 1
5 箕澤 3 向陽 3 0 0
6 小林 4 創志学園 4 2 0
7 柏田 3 和歌山商業 3 2 1
8 小野田 4 岡山城東 2 0 0
打指 2 和歌山商業 1 0 0
9 近藤 4 天白 2 0 1
稲谷 3 桐蔭 - - -
- 直江 4 神戸鈴蘭台 - - -
合計
4 4 3 1 3 30 6 4

【投手成績】

 

 

 



 







 


稲谷 2 37 10 10 4 3 0 0 0
直江 7 69 24 23 2 1 1 0 0
合計 9 106 34 33 6 4 1 0 0

【試合結果】
1 2 3 4 5 6 7 8 9
和歌大 2 1 0 1 0 0 0 0 0 4
大市大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0


【戦評】

なんとか先制点をもぎ取り、全国へ望みを繋ごうと臨んだ一戦。

初回、先発の瀧元は、先頭打者に中前安打を許すと、このまま勢いを止められず、四球と左前安打により無死満塁のピンチを背負います。ここで瀧元は、続く打者を併殺打に打ち取りますが、この間に1点を先制されます。ここで流れを断ち切りたいところでしたが、暴投の間にさらに1点を失います。

早く反撃したい市大打線は、1回裏、先頭の太田が左前に安打を放つと、続く米麦が失策、眞銅が左前安打により出塁し、こちらも無死満塁のチャンスをつくります。しかし、後続が三振と併殺打に抑えられ、得点をあげることができません。

2回表、瀧元は先頭打者に内野安打で出塁を許すと、犠打、四球、重盗により一死二三塁とチャンスを広げられます。すると、次の打者に犠飛を打たれ、3点目を許します。ここで、瀧元は岩本にマウンドを託します。岩本は続く打者を中飛に打ち取り、無失点に抑えます。

この回の裏、二死から高木、赤木の連打により、二死一二塁とし、得点のチャンスを迎えます。しかし、次打者が二邪飛に打ち取られ、またも得点することができません。

これ以上得点を許したくない4回表、岩本は先頭打者を中飛に抑えますが、その後左方向へ本塁打を放たれ、さらに1点を追加されます。

4回裏、二死から中西が三塁手への内野安打を放ち、球が転々としている間に二塁まで進塁します。ここで得点圏の走者を返したかった打線でしたが、後続が右飛に打ち取られ、無得点に終わります。

5回以降、岩本は安打や死球により走者を背負いますが、要所を抑え、無失点の好投を見せます。

味方の好投に応えたい打線は、7回裏には薗が失策、8回裏には赤木が四球により出塁しますが、その後併殺打に打ち取られ、チャンスをものにできません。

なんとか追いつき、追い越したい9回裏、大橋が失策により出塁すると、続く齊藤が中前安打を放ち、一死一二塁と得点のチャンスを広げます。しかし、後続が内野ゴロに抑え込まれ、0ー4で敗戦し、ポイントは15のままとなりました。

大阪市立大学

【打者成績】

 

 

 

 



 

 

 
1 太田 4 彦根東 4 1 0
2 米麦 2 高松商業 4 0 0
3 眞銅 2 佐久長聖 4 1 0
4 大橋 4 奈良 4 0 0
5 齊藤 4 市立西宮 4 1 0
6 3 清教学園 4 0 0
7 中西 2 川西緑台 3 1 0
桑原 4 郡山 1 0 0
8 高木 3 高槻 3 1 0
9 赤木 4 長田 3 1 0
瀧元 3 八尾 - - -
- 岩本 3 桃山学院 - - -
合計
4 1 0 3 0 33 6 0

【投手成績】

 

 

 



 







 


瀧元 1 2/3 37 9 5 3 1 2 3 3
岩本 7 1/3 109 28 25 3 3 2 1 1
合計 9 146 37 30 6 4 4 4 4